注目キーワード
  1. FX
  2. ポイント
  3. 副業

Tradeview(トレードビュー)はスキャルピングトレードにお勧め口座とその理由を解説

Tradeviewではスキャルピングは認められていますか?

Tradeviewでスキャルピングトレードをする際のお勧め口座が知りたい

Tradeviewでスキャルピングトレードをする際のメリット、デメリットとは?

広告

Tradeview(トレードビュー)はスキャルピングトレードにお勧め口座とその理由を解説

FX業者の中にはスキャルピングが認められていない業者も存在していますがTradeviewではスキャルピングが認められています。

Tradeviewには取引制限もないのでスキャルピングをしようと考えている人にはお勧めです。

スキャルピングトレードとは、プロトレーダー向きの手法である程度相場が読める人向けの手法といえます。

数秒から数分程度の短い時間でトレードを繰り返し利益を積み上げるトレード手法です。
少しの利益でも取引数の多さで利益を増やしていけるのでたんたんとできる人にはとても有効な取引と言えます

スキャルピングトレードはスプレッドが広い海外FX業者では利益が出しにくいです。

スキャルピングをする時はスキャルピングに向いている証券会社なのか、スプレッドは狭いかなどを確認しましょう。

 

Tradeviewがスキャルピングトレードに向いている理由

Tradeviewがスキャルピングに向いている理由を解説します。

TradeviewにはXレバレッジやcTraderなど色々な口座タイプがありますが最もスキャルピングに向いている口座はILC口座になります。

 

スキャルピングが向いている順に並べるとこの三つになります。

1位:ILC口座
2位:cTrader口座
3位:Currenex口座
ILC cTrader Currenex
取引方式 ECN方式 ECN方式 STP方式
取引プラットフォーム MT4/MT5 cTrader Currenex
レバレッジ 最大200倍 最大400倍 最大400倍
平均スプレッド 0.2pips 0.2pips 0.6pips
取引手数料 $5 / 1ロット $5 / 1ロット $6 / 1ロット
FX通貨ペア 62種類 41種類 41種類
貴金属CFD 3種類 2種類 2種類
仮想通貨CFD 6種類 6種類 6種類

口座の種類やレバレッジなど詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください

関連記事

  口座タイプ 取引プラットフォーム 最大レバレッジ 最低入金額 Xレバレッジ MetaTrader4/MetaTrader5 500倍 1万円 ILC MetaTrader4/Me[…]

ILC口座の特徴

ILC口座は低スプレットのECN方式の口座タイプになります。

最大レバレッジは200倍と低いもののスプレットは最小で0.0pips~全通貨平均スプレットは0.2pips程度というとても狭いスプレットで提供されているのが特徴的と言えるでしょう。

スプレッドが狭い分、取引手数料は1ロットあたり5ドルの手数料が発生します

取引手数料を加味したとしても業界トップレベルの低コストを実現しています。

 

またECN方式を採用しているので透明性の高い取引が可能で、レートの操作などの心配はありません。

広告

cTrader口座の特徴

cTraderではMT4ではなくcTraderという取引プラットフォームを使用します。

cTraderはスキャルピング特化型ともいわれていて約定拒否がないのでストレスなく取引することが可能です。

スキャルピングをしていてこの価格じゃ決済できないなどは避けたいですよね。

またcTraderは複数ポジションを同時に決済できるところも魅力の一つと言えます。

 

Currenex口座の特徴

CurrenexもMT4ではなくCurrenexというプラットフォームを使用します。

Currenexは大量注文が可能というところが魅力的と言えます。

またCurrenexは、大量注文をしてもサーバーにも負担が掛からなく約1000万ドルの取引を一度で行えます。

大量注文のスキャルピングトレードができるので機関投資家がしているトレードなどをする事ができます。

 

ただCurrenexはSTP方式で平均スプレッドも0.6pipsと広く、取引手数料もILC口座やcTraderより多いのでこだわりがない場合は使う必要はないでしょう。

メリット

Tradeviewは取引コストを抑えたトレードができるので利益アップに繋がりやすいのが最大のメリットです。

またTradeviewは平均スプレッドが0.2pipと狭く約定力が高いので指値や逆指値が使いやすいです。

またスプレッドが狭いので両建てをしたスキャルピングにも向いています。

デメリット

Tradeviewでスキャルピングをするデメリットはロストカットの証拠金維持率が100%と高く設定されている事です。

XMの場合20%と低く設定されているのでTradeviewでトレードをする際はデメリットと感じる方もいると思います。

 

またTradeviewにはボーナスが一切ありません。入金ボーナスなどがある場合は自己資金を使わずにトレードする事ができるのでボーナスがないTradeviewでのトレードはデメリットと言えます。

 

Tradeviewにはそれぞれ口座の強みがあります。

自分がどんな取引をするのか、自分にあった口座選択をし、ストレスなくトレードを楽しみましょう。

>新サービス「副業バンク」スタート!

新サービス「副業バンク」スタート!

副業BANKは投資系副業を中心に案件を取り揃えていきます。
これらの副業は、数倍以上の利益を生む反面、情報収集が難しく、またリスクも高く、場合によっては元手資金を失う事も・・・
副業BANKでは、少しでもリスクを減らせるような案件を厳選して紹介していますのでお好きなスタイルを選択して、自分に合った副業を選んでください!

CTR IMG