注目キーワード
  1. FX
  2. ポイント
  3. 副業

pythonでwebアプリなどを作成する際はvirtualenvを活用しよう!

開発する際にモジュールをたくさんインストールすると、ライブラリが競合を起こしてしまう時があります。

このようなことが起きるとエラーが発生してインストールできなかったり、インストールはできたけど実行がなぜかできないなどに陥ってしまいます。

 

こういった問題を解決するのがvirtualenvです

広告

virtualenvとは

virtualenvは独立した「環境」を作ることができます。

独立した環境を作ることで今までインストールされていたものは関係なく依存関係などに悩まされることが無くなります。

 

環境を作成する前に

 pip install virtualenv

でインストールしておきましょう

➀開発環境をvirtualenvで作成
②作成したvirtualenv内で開発
③開発が終わったらvirtualenvから出る

といった感じになります。

 

それでは実際に環境を作ってみましょう

 

環境作成手順

今回はwindowsでの作成を主にします。

 

手順➀起動

windowsで作成する場合はコマンドプロンプトかPowerShellを起動します。

 

広告

手順②環境作成

virtualenv (ここに名前)

と入力します。

(ここに名前)は環境の名前になります。
※日本語はダメ

 

手順③環境の有効化

(ここに名前)の環境を作ると、(ここに名前)フォルダも一緒に作成されます。

✓Scripts
✓include
✓lib

 

という3つのフォルダがあります。

※Scriptsはwindowsのみになります。

 

ここに名前¥Scripts¥activate

環境を有効化すると、左側に作成した環境名が表示されますのでされたら成功です。

 

手順④使用するライブラリのインストール

環境が作成出来たら開発で使用するライブラリをインストールしましょう

例えばですがflaskでアプリを作る場合だと

pip install flask flask-sqlalchemy

などになります。

 

インストールが完了したら

pip freeze

でインストールで来たかを確認しましょう

 

flaskでの作成は例なので作りたいものを作成した環境内で使用しましょう。

 

手順⑤環境から出る

最後に作った環境から出る方法もお伝えします。

環境から出るときは

deactivate

を入力します。

左に表示されていた環境名が消えたら完了です。

 

最後に

環境は一度終了などすると再度環境に入らないといけません。

環境作成時にフォルダをも作成されるのでフォルダを作成する際は適当な名前(ここに名前)ではなく、分かりやすい名前にしておきましょう

 

>使用者500名越え!

使用者500名越え!

CTR IMG